ホーム

5人家族の引越しの相場はいくらくらい?

Q.png

【質問】
東京から大阪までの、引っ越しの費用を教えてください。

私は、プラスチック製品の会社に勤めるサラリーマンです。
これまでは、東京の本社に勤めていました。
それが、今度、大阪支社へ転勤になります。
仕事の引き継ぎが大変です。
同時に、プライベートでは、引っ越しの準備が大変です。
独身時代は、気軽に引っ越しをしていました。
荷物も少なかったのです。
でも、家族が出来てからは、初めてです。

我が家は、夫婦2人、わたしの母、小学生の子供2人。
合計、5人家族です。
住居は、賃貸の戸建て住宅。
戸建て住宅の中に、生活用品がいっぱいあるわけです。

その生活用品を、東京から大阪まで運ぶのです。
どのくらいの費用がかかるでしょうか?
条件としては、次のようになります。
引っ越しの荷物は、標準的な5人家族の分量。
荷造り、梱包は、業者にやってもらう。
不用の粗大ゴミの処分もやってもらう。
距離は、東京都内から大阪市内まで。

いちおう、ネットで、各業者の見積もりを調べました。
その結果は、1桁から2桁まで、ピンからキリまであります。
あまり安いのも、なんだか胡散臭い感じです。

だいたい、どのくらいの金額が相場なのでしょうか?

予算としては、12万円から15万円くらい、を考えています。

引っ越しを体験された方、回答をお願いします。



A.png
■引越し代金は荷物の量に左右される


引越し料金の見積もりを取ったことがある人なら、その金額に幅があることもご存知ですよね。
だれでもできるだけ出費は抑えたいと思うものです。


しかし、価格交渉をするにも、相場が分かっていなければ、トンチンカンなことを言ってしまうことにも
なりかねません。
そこで、平均的な引越し代金について知っておく必要があります。


まず引越し代金はどのように算出されるのでしょうか。
引越し代金の大部分はトラック代が占めています。
荷物が多ければ使用するトラックが大きくなり、代金も高くなる、ということです。


では、どのくらいの荷物でどのくらいの大きさのトラックになるのでしょうか。


■5人家族の荷物は6tトラック1台分


もちろん、家族人数が増えれば荷物も増えます。
また、同じ家族人数でも子供の年齢によっても荷物の量は変わってきますし、
趣味の道具がたくさんある場合も平均よりは多くなります。


例えば、夫婦+小学生以上の子供3人の計5人家族の場合、平均的な荷物の量で6tトラックが必要です。
6tというと想像もつきにくいですが、部屋にある荷物を書き出してみると実感が枠かもしれません。


大型家電・大型家具の他、5人家族ともなると、4LDKの部屋に住む世帯が多いので、
それだけ一つの家具家電の個数が増えていきます。
例えばエアコンもリビングの他、各寝室につけると+4台になります。


同じように、机や洋服ダンス、本棚、寝具など、単純に✕5になるのです。
さらに、収納に押し込められた荷物をダンボールに詰めると、その数は100箱前後にもなります。


このように、思った以上に荷物は多いものですが、それを積めるトラックとなると6t、
または4t+2tなどの組み合わせになるのです。


これだけの量の引越し作業となると、作業スタッフも3・4人という業者が多いようです。
一人増える毎に人件費がかかりますので、少人数家族よりは割高になってしまうのは
仕方がないのかもしれませんね。


■平均的な引越し代金は15万円前後


次に移動距離についてですが、100Kmまでは基本料金内になり、
それ以上になると割増料金がかかります。


例えば50Km以内の引越しの場合、150,000円前後が相場のようですが、
500Kmになると、250,000円前後になるようです。
高速料金や交通費、トラックとスタッフの拘束時間がその理由といえます。


また、注意したいのが引越しの時期と曜日です。
年度が変わる3月4月は、引越し業界では繁忙期になります。
ですので、総じて他の時期よりも割高になることが多いようです。


その金額の差は2~3倍にもなることも。
できるなら時期をずらしたいものですね。


また、土日も平日の1.5倍程度の金額になるようですので、曜日を選べるのなら
平日、さらに大安以外となると、割引されることもあるようです。


余裕のある引越し日程を組める場合ばかりではありませんが、不要な荷物を減らしたり、
時期や曜日を選んだりして、少しでも負担を軽くしたいですね。

3人家族だとダンボール何個分?引越しに必要な数は?

Q.png

【質問】
引っ越しに使う段ボール箱について、質問をします。

29歳の主婦です。
夫婦2人に、幼稚園の息子1人の、3人家族です。
夫は、大手の商社に勤めています。
これまでは、東京の本社に勤めていました。
ところが今度、北九州市の支社へ、転勤することになりました。
(左遷か栄転か、微妙なのです。)
それで、引っ越しをすることになったのです。

結婚してから今まで、引っ越しをしたことはありません。
初めての引っ越しなのです。

もちろん、出来るだけ安くあげよう、と思いました。
洗濯機や冷蔵庫など、大きなもの。
これは、引っ越し屋にまかせるしかありません。
でも、小さいものは、自分たちで梱包しよう、と思いました。
梱包代だけ安くなる、と思ったのです。

ところが、思った以上に大変でした。
使わない靴などを梱包するだけで、段ボール箱が5個必要でした。
使わない食器類の梱包には、10個使いました。
まだまだ、手を付けていないものは、たくさんあります。
衣類、子供のもの、主人の書籍、などなど。
ちなみに、段ボール箱は、スーパーで貰ったものです。
野菜などを届けた後の、空の段ボール箱です。
スーパーの隅に、「どうぞお使い下さい」と置いてあります。
でも、この調子では、とても足りません。

ゆうパックの箱を買うしかないのかな、と思います。
でも、段ボール箱にお金を使うのも、勿体ないですし。

引っ越しを経験された皆様。
段ボール箱は、どのくらいの数量が必要ですか?
やはり、全部を業者に任せた方が、結局安上がりでしょうか?

どうか、回答をよろしくお願いします。





A.png

■引越しのポイントはいかに荷物を減らすか


引越し業者のトラックを見て、「あんな大きいトラックにどのくらい荷物が積まれているんだろう?」
と思ったことはありませんか?


引越しを何度も経験している人なら、自分の家の荷物がどのくらいあるのかは想像できますが、
学生時代や結婚時にしか引越しを経験していない人などには。s日z日するのは難しいかもしれません。


そしてイザ引越しをする時になり、大量の荷物にビックリ!なんてことも。
一体どこにこんな荷物が入っていたのか、と思うほどの量になることも多いです。


引越しを作業的にも金銭的にもラクにする一番のポイントは、
できるだけ荷物を少なくすることだとも言えます。
でも自分の家の荷物の量を把握しなくては始まりません。


平均的な家庭の荷物量はどのくらいなのでしょうか。


■家族3人のダンボールは30個前後


例えば夫婦と子供ひとりの3人家族の場合ですが、おおよそ3tトラック1台分の荷物と言われています。
具体的な荷物量を挙げてみます。


まず、かさばる大型のものには、冷蔵庫や洗濯機、テレビなどがあります。
特にテレビは最近大型のものを選ぶ人が多いようです。


大型の家具には、ダイニングテーブルと椅子のセット、ソファやリビング用のテーブル、
家族分のベッド、洋服ダンスやチェストなどがあります。


子供が学童期以上なら、机や本棚なども2つ以上になることもあります。
また人数分+お客様用の寝具も思いかげず場所を取るものです。


これだけですと、あまり多いな、という実感はわかないのではないでしょうか。
忘れてはならないのが、押入れやクローゼットなどの収納の中の荷物です。


収納スペースに入っていたものや、小さい家電や細々とした小物などをダンボールに詰めると...
その数は、3人家族の平均でなんと30~40箱になるそうです。


ちなみに2人家族の場合は20~30箱、4人家族になると50~80箱にもなるようです。
もちろん、趣味のものが多かったり、モノを捨てられなかったりすると、家族人数以上の
ダンボール箱が必要になるようです。


■3人家族の引越しの相場は100,000円前後


気になる引越し代金ですが、荷物の量・距離・時期によってだいたいの金額は決まってきます。


荷物の量は何tトラックに積めるかで金額が変わります。
平均的な3人家族の荷物量だと、2tロングか3tトラックに積めるようです。


移動距離は100Kmがひとつの目安になり、それ以上になると割増料金がかかるようです。
それだけ作業スタッフの拘束時間も長くなるので仕方がないことかもしれませんね。


3月4月は引越し業界では繁忙期にあたり、他の時期よりも3倍程度の金額になることも。
また土日は平日の1.5倍程度だと言われています。


平均的な3人家族の引越しで、移動距離が100Km以内・通常期の平日、という条件の場合、
引越し代金の相場は80,000~100,000円程度のようです。


使用するトラックが1t変わると20,000円程度金額が変わるとも言われています。
できるだけ身軽になって引越しをすることが、引越し作業をラクにするだけではなく、
引越し代金の節約にもなりそうですね。

Return to page top