ホーム » 家具家電 » 無垢のダイニングテーブルが人気。カリモクってどんな会社?

無垢のダイニングテーブルが人気。カリモクってどんな会社?

Q.png

【質問】
ダイニングテーブルの、オススメの店を教えてください。

今度、東武東上線沿線に、中古住宅を買いました。
築20年ですが、基礎はしっかりしているので、お買い得でした。
最初は、新築を買う予定で、予算を組んでいました。
でも、この中古住宅を見つけたのです。
それで、余った予算をリフォームに回すのです。
リフォームで、好きなように内装を作る、こういうことなのです。

私は、ミッドセンチュリーが好きです。
リフォームなら、その趣味が生かせます。
リビングの床材はブラックチェリーにします。
椅子は、カリモク60やイームズチェアを置くつもりです。

そして、ダイニングテーブルです。
無垢材の6人掛けを探しています。
イメージとしては、イプ・コフォード・ラーセンです。
夕方、テーブルの上にバーボンを置く。
ゆっくりと飲みながら、窓の外を見る。
そこには、レストアした、初代セリカがある。
これですよ、これ。

ダイニングテーブルの予算は上限30万円です。

こうした家具の、オススメの店を教えてください。
ちなみに、東京近辺とは限りません。
日本全国、どこでもいいです。
これは、と思う品を見つけるためには、どこへでも行きます。

この方面に詳しい方、教えてください。
お願いします。



A.png
■人気の無垢材のダイニングテーブル。無垢材って?

ダイニングテーブルはそうそう買い替えるものではありませんよね。
単身世帯だったりすると、そもそもダイニングテーブルを持っている、
という人の方が少ないのでは?
結婚や新居購入に合わせてダイニングテーブルも購入する人も多いようです。


せっかく買うならずっと使い続けられるものがいいなぁ、と思うものです。
長い間人気が衰えないものに無垢材のダイニングテーブルがあります。
その魅力は、何と言っても自然の素材が持つあたたかみと丈夫さです。


そもそも無垢材とはどういったものなのでしょうか?
無垢材は、「無垢」という言葉の通り、混じり気がなく、1本の樹から切りだされて
作られる材質のことです。


見た目は木のテーブルでも中は別の材質で作られているものもありますが、
無垢材のテーブルは天板も1枚の木の板で作られています。


■無垢材のメリット・デメリット


無垢材の良さは、自然の素材から作られたことによる、やさしい風合いと手触りの良さでしょう。
使い込むごとに味が出てくるのもその家の歴史のようでステキですね。


また、頑丈ですのでしっかりメンテナンスしていけば、十数年~数十年と長い間使い続ける
ことができる点もよいですね。


デメリットとしては、乾燥が不十分な場合、木が反ってしまったり、
細い割れが生じたりすることがあるようです。
こちらはきちんとした製品を購入すればまず問題にはならないでしょう。


また、ダイニングテーブルとしての強度を保つためには、天板部分で15cm程度の厚みが
必要となり、かなり重くなります。
そのために、移動させるのが大変、というデメリットも。


一番のデメリットは価格の高さ? 
しっかりしたものを購入す用途すると、やはりそれなりの値段がします。
しかし、よいものを長く使えると考えれば、その価格は高くないのかもしれませんね。


■人気のカリモクってなに?


無垢材のダイニングテーブルや他の家具などで、必ずといっていいほど名前の挙がる「カリモク」。
初めて無垢材の家具を購入しようと思った人にとっては、どんなお店?会社?と疑問も。


カリモクは愛知県の家具製造・販売会社で、創業は1940年という老舗です。
会社としてのスタートが木工所だったせいもあり、質のよい木材から家具を作ることを
モットーに、今なお上質な家具を作り続けています。


木材の加工に精通しており、木の良さを最大限に活かし、また国産の家具にこだわっているため、
品質も信頼できます。


カリモクオーナーにリピーターが多いことや、実家がカリモクの家具を使っていたので自分も...
という人が多いことからも、その良さはよくわかります。


また、アフターケアも請け負っているので、もし傷がついてしまった、なんていう場合にも修理してもらえます。


もちろんお値段もそれなりです。
ダイニングテーブルは25万円位からになります。
高いと思うか安いと思うかは、
無垢材のダイニングテーブルに何を求めるかによって変わってくるのかもしれませんね。

最初の転勤の時、複数の業者に見積もらないで後悔しました(泣)


はじめからココで相見積もりをとっておかなかったのが失敗でした。 引っ越し2回目の時、一番安いところは一番高いところよりも3万円も安かったので。。



Return to page top