ホーム » 新築の引っ越し » 検査の段取りと新築マンションへの引越し

検査の段取りと新築マンションへの引越し

Q.png

【質問】
新築戸建て住宅の引き渡しの手順について、質問します。

我が家は、夫婦と子供2人の4人家族です。
現在は、賃貸マンションに住んでいます。
ところが、同じJRの沿線に、戸建て住宅が売りに出されました。
土地を区画整理し、新しくタウンを作るのです。

もうすぐ完成で、引き渡しなのです。
しかし、予定が狂ってきました。
外構工事が、遅れそうなのです。

現在住んでいるマンションは、明け渡しの期日が決まっています。
ですから、とにかく新築の家に、引っ越さなければなりません。
外構工事は、入居しながら、ということになります。

それで、今後の引き渡しの手順なのですが。
次のようになるはずです。
建物竣工検査。
残代金支払い。
竣工・カギ引渡し。
引っ越し。
外構工事。
外構完成検査。

問題は、上の「残代金支払い」です。
この時点で、外構工事は終了していません。
ですから、外構工事の代金は、ここでは払わなくていいですよね。
支払うとしても、(例えば)半額でいいのではないでしょうか?
そして、外構完成検査が終了した時点で、残金を払う。

こう思うのですが、いかがでしょうか?

それと、もう1つ質問があります。
「建物竣工検査」と「カギ引渡し」の間の期間です。
どのくらい間があるのでしょうか?

なにしろ、現在のマンションを出る日は決まっています。
それなので、ハラハラしているのです。

ご存じの方、どうか回答をお願いします。
(すみませんが、出来るだけ早く、お願いします。)





A.png

■竣工から引き渡しまでの流れ


竣工は大体引き渡しの2週間前くらいになります。次に竣工検査が行われますが、
日があく場合もあれば、質問者様のように同日にすむこともあります。


まずは施工会社、設計者や監理者のような工事責任者の検査が入ります。
その後に、質問者様側が立ち会う「施主検査」になります。
どちらも竣工からは時間があく事なく進むのが一般的です。


施主検査でもし手直しをがあれば工事をしてもらいそれが終了するまでの期間を経て、
ようやく引き渡しという形になります。


質問者様の場合、外溝工事がまだ完了してないとの事ですが、
こちらの代金はその工事が終了してから支払ってください。

■施主検査での注意点


施主検査では気になる部分は気をぬくことなくくまなくチェックをしてください。
壁や床の汚れ、清掃具合、その他設備の内容、証明、扉のきしみ、ガスや水道電気など、
目に見える場所は過剰なくらい目を光らせてください。


もしも不具合や手直し個所を発見した場合はこまかいことでも遠慮なく工事要請をして下さい。
手直し工事をやってもらってからの引き渡しになりますが、
時間や期間に焦って妥協せず修繕すべき個所はどんな小さい部分でも工事しなおしてもらってください。


修繕工事をしても、実際はすんでみないとわからないことも多々あり、
実際に入居以降の手直し個所を発見するケースは多いです。


その場合も施工会社につたえてもかまいません。
業者やメーカーさんによっては難しい部分も出てくるかもしれませんが、
出来れば交渉してなおしてもらってください。


■竣工検査からカギの引渡し


大体、竣工検査は引渡の前に行いますが完工日と同じになるというのは珍しい事ではありません。
日数を合わせてきたのでしょうか。


それでも問題はないと思いますが、この流れに疑問をお持ちであるのならば、
ハウスメーカーさんと話しあって疑問点は聞いてください。


大体、竣工検査の日程やカギの引渡しについては、
こちらからの希望をもってハウスメーカーさんに問い合わせてもいいものです。
その点も話し合いで解決できる問題ですので状況をしっかり話されてください。


ちなみに鍵の引渡しは、入金が行われないと渡せません。竣工検査で手直し等が発生した場合は、
残金を入金できずカギの引き渡しができませんのでその点を踏まえた日程は、
ハウスメーカーと打ち合わせを行ってください。


入金に関してはなるべく手直しの工事が終わってからの入金が普通ですが、
時間がなくあせる気持ちがあると思いますが、打ち合わせや話し合いは気になる事は
なんでも聞いて無事に終わる事を祈っています。


外講工事の代金は、工事が終わりその検査が全て終わってからの支払いでいいはずです。
それですべて完了になります。


外構工事は住居内ではないため生活への支障はそんなになくて少しは良かったですが、
進みの段取りが悪く、ハラハラさせられて大変ですね。
全て終わり、安心して生活できますことを願ってます。

最初の転勤の時、複数の業者に見積もらないで後悔しました(泣)


はじめからココで相見積もりをとっておかなかったのが失敗でした。 引っ越し2回目の時、一番安いところは一番高いところよりも3万円も安かったので。。



Return to page top