ホーム » 新築の引っ越し » 引越し前に準備しておくことは?新築への引越しで慌てないために

引越し前に準備しておくことは?新築への引越しで慌てないために

Q.png

【質問】
新築への引っ越し前にやっておくことを、教えてください。

結婚して2年になる主婦です。
今度、新築のマンションへ移ります。
ずっと共稼ぎをして、頭金を作りました。
そして、25年ローン。
ようやく、マイホームが手に入るのです。
これで安心して子作りも出来ます。

3ヶ月後に入居予定です。
現在は、その準備をしています。
次のようなことを計画しているのです。

*カーテンの注文をすること。
内覧会にならないと、窓のサイズが測れません。
だから、まだ予定です。
ただ、予定としてメモしておきます。

*エアコンの購入。
ちょうど、エアコンのキャンペーンがあります。
それを利用して買い、取り付け日を予約するつもりです。

*引っ越し料金の見積もり。
アートかヤマトに頼むつもりです。

*フロアコーティングを頼むこと。
実際にコーティングをするのは、まだ先になります。
予定としてメモしておきます。

*家具を購入すること。
これも、内覧会後に、部屋のサイズを測ってからです。
予定としてメモしておきます。

いちおう、以上のことは、計画に入れています。
何か、忘れていることはないでしょうか?
絶対にやっておかなければならないこと。
やっておいた方が、後々いいこと。

新築マンション購入を経験された方、回答をお願いします。





A.png

■引越し準備は計画的に


新築への引越し、やることはたくさんありそうだけど、一体何をいつ頃やればいいの?
わからないことだらけで、気ばかりが焦り、結局直前になってドタバタしてしまうのが実情です。


スッキリと新居での生活をスタートさせるためにも、やるべきことを洗い出して、計画的に行動しましょう。


まず一番最初にやらなければいけないことは、現在住んでいる部屋を退去する旨の連絡です。
遅くとも1ヶ月前に連絡しないと、家賃が発生する場合がありますので忘れずにやりましょう。


また、お子さんがいらっしゃる場合は、学校へ転校する連絡をします。
これも先生方の事務処理等を考えて、1ヶ月前には連絡する方がよいでしょう。


同時に引越しの段取りも始めます。
閑散期ならばいざしらず、引越しの時期が3月4月などの繁忙期に重なると、引越し業者も手一杯で
受けてもらえない、などということにもなりかねません。


早めに数社に見積もりをもらい、引越し業者を選定しておきましょう。
また、不用品の処分、粗大ごみの処分も始めた方が荷物がスッキリして引越し作業もラクになります。


■2週間前には各種届け出やカーテンの確認を

どんなにのんびりした人でも2週間くらい前になれば、慌て出す頃でしょう。
引越しまでの時間はわずかですが、慌てずに行動しましょう。


この時期にやらなければいけないことは、役所への転出届けや
電気・水道・ガス・電話等の
移転の連絡です。
ガスは閉栓・新居での開栓に立ち会わなければいけないので、その日程の調整もします。


また、銀行やクレジットカードなどの住所変更等も、余裕があるなら済ませておくと、
後々バタバタすることなく安心です。


新居でのカーテンやブラインドが施主支給で、引き渡し後に設置する場合は、
カーテンレールの有無やカーテンのサイズの確認を行います。


新居に雨戸やシャッターがない場合、引越し当日にカーテンがつけられないと。
外から丸見えになってしまい、かなり困った状況になりかねません。


新築の家にはハウスクリーニングが入っていることがほとんどですが、
自分でも軽く水拭きや乾拭き程度の掃除をしておくとよいかもしれません。


■前日には冷蔵庫・洗濯機の水抜きを忘れずに


前日までには荷造りが終わっていることが望ましいですが、そうもいかないのが現実です。
荷物が散乱した中で、重要書類やカギ、引越し当日にすぐ使用するもの等が紛れて
しまわないように、「大切なもの箱」を作っておくと便利です。


前日には洗濯機と冷蔵庫の電源を抜き、水抜きもしておきましょう。
水抜きをしていないと、引越しの最中に水浸しになってしまいますので、気をつけてください。


いよいよ引越し当日。
荷物の搬出が終わると、ガスの閉栓立会いや、ライフラインの清算等を行います。
これは月々の使用料金で清算することも多いです。


旧居を軽く清掃し、管理会社や大家さん立会いのもと、退去時のチェックを行います。
カギを返却すれば、旧居で行うことはおしまいです。


新居では、ライフラインの開始手続きや、新しい役所へ転入届を提出したり、
教育委員会へ出向いて転校手続きをとったり、と、まだまだたくさんのやることがあります。


時間をうまくやりくりして、一日も早く落ち着いた生活を送れるようにしたいですね。

最初の転勤の時、複数の業者に見積もらないで後悔しました(泣)


はじめからココで相見積もりをとっておかなかったのが失敗でした。 引っ越し2回目の時、一番安いところは一番高いところよりも3万円も安かったので。。



Return to page top